BLOG

転職も高年齢化?

巷では、年金2000万円不足問題が話題になっていますが、
そんな中、現政権では、希望する人が70歳まで働ける機会を確保すること
企業の努力義務とする方針を示したそうです。

現在は、定年延長や再雇用などで希望者全員を65歳まで雇用する、と義務付けられていますが、
今後は、これが更に70歳までになっていくものと思われます。
少し前までは60歳になれば仕事を辞め、所謂「リタイア」する事が当たり前でしたが、
現在は65歳になり、近い将来は70歳になっていくのでしょう。
ついでに言うと、年金の受給も70歳になってから、という時代も来るのではないかと思われます。

医療の発達やアンチエイジング、健康志向の上昇などに伴い、
平均寿命も長くなっており、ある意味当然の流れなのかもしれません。
それに伴い、いわゆる転職可能な年齢も徐々に上がってきております。

つい数年前までは、35歳を過ぎたら転職は難しいと言われておりましたが、
最近では50代の方の転職も当たり前の時代になりつつあります。
弊社にご依頼を頂戴する企業様も、以前と比べると良い人材であれば年齢にこだわらない、という求人も徐々に増えてきております。

考えてみれば、50歳で転職しても、今後は、定年退職する(であろう)70歳まで20年勤続、ということになるので、
充分に活躍できる環境はある、という事なのでしょう。

もしかしたら、良い傾向とも言えますし、
働くことがあまり好きではない方には厳しい時代になっていくのかもしれませんが・・・
長寿時代を迎え、そんな時代を生き抜いていくために、
健康でやりがいのある仕事をしながら素敵に歳をとっていきたいものですね。

アーカイブ

求人情報
一覧
転職支援
ご登録
求人の
ご依頼
お問合せ
フォーム